スイングトレーナーで100切りは可能か?効果的な使い方も!

今回はまずゴルフのスコアで100切りするために
必要なことは何か?

これを考えてみましょう!

 

ゴルフ初心者にとって大きな目標が、スコアで100を
切ることです。3桁のスコアと2桁のスコアでは響きが
まったく違いますね。

 

100を切ることができたら中級者の仲間入りといえる
でしょう。

 

ちなみに100を切れない要因は、「ドライバーでの
ショットが安定せずにOBをたくさん打っていること」、
「アイアンでのショットはダフリが多くアプローチが下手」
という2点があげられます。

 

逆のことをいうと、ドライバーが安定して、アイアンの
ダフリがなくなれば簡単に100は切れるのです。

 

しかし頭ではわかっていてもできないことがあります。
練習場でたくさんのボールを打っても、いつまでたっても
上達せずに悩むプレイヤーもいます。

 

これは「グリップ」「アドレス」「スイング」に我流の
悪癖がついており、練習すればするほど癖が強くなり、
どんどん悪くなるという悪循環に入っている可能性が
あります。しかも厄介なことに悪癖は自分では気が付か
ないことが多いのです。

 

Sponsord Link


我流の悪癖はどうしたら直せるのか?

 

一度癖づいてしまうと修正は困難です。ある程度ゴルフ
の経験を積んでからプロゴルファーのレッスンを受け
ると、重心やアドレスがまったく異なりまともにスイング
できません。一度や二度の指導では直せないのです。

 

かといって、週三回もレッスンを受けている時間も
お金もない。そんな方にお勧めなのが、今回ご紹介する
「スイングトレーナー」という練習アイテムです。
TVCMでもお馴染みですので、ご覧になったことはある
のではないでしょうか。

 


Sponsord Link

 

PGAツアープロ100人以上が練習に使用しているという
のですから、効果は実証されているようなものですね。

 

1998年にPGAツアーで賞金王となり、2001年の
全英オープンで優勝したデビット・デュバルも愛用して
いるようです。

 

長さは男性用で「89cm」、女性用で「87cm」となって
おり、7番アイアンよりやや短いくらいです。

 

ポイントのひとつは「グリップが矯正されること」です。
設計上、正しいグリップでしか握れないようになっています。
スクエアグリップですね。

 

無意識のうちにウィークグリップやストロンググリップに
なって、スライスやフックに悩んでいたプレイヤーにとっては、
これだけでも悪癖を直すことが可能でしょう。

 

さらに重さが7番アイアンのおよそ3倍(男性用で1.2kg、
女性用で1.0kg)もあり、重心はシャフトの中央にあります。

 

手だけでクラブを持ち上げる癖や、下半身を使えずに手打ち
になっていたプレイヤーはスイングすることができません。
(まずは手前に50cmほど振り、そこから推進力でバック
スイングします)

 

つまり下半身主導で、体の回転を使った理想的なスイングを
するコツが身につくのです。

 

トップでのためや切り返しのポイントも自然と体が覚える
ように作られています。こうして我流の悪癖が修正されて
いくのです。

 

スイングトレーナーの効果的な使い方

 

とにかく徹底的に正しいグリップ・アドレス・スイングを
体に覚えさせることです。ピアノの練習は一日さぼると
一週間は遅れるといわれます。継続が力となるのです。

 

「毎日欠かさずスイングトレーナーで素振りをすること」
これがもっとも効果的な悪癖の修正法でしょう。

 

週に一回素振りに使っているぐらいでは、ラウンドの最中
にもとの癖が出始めます。ポイントは「毎日」です。

 

別に100回も200回も振る必要はありません。20回
程度で充分です。シャフトが短いので部屋の中で振ること
が可能です。

 

寝る前に必ず20回の素振りをすること。時間しては5分
もかかりません。それだけで正しいスイングが身について
いくのです。


Sponsord Link

知識だけでスイングしようとしても理想的なスイングは
できません。まずは正しいスイングというものを体が
覚える必要があります。

 

80切りはまた別次元の話にはなりますが、これで
100切りは充分可能ですよ!

 

それでは具体的な使い方について説明して行きますね!

 

スイングトレーナーの目的は体幹を鍛え正しいスイングを
身体の大きな筋肉に覚えこませることになります。

 

練習方法としては、先ほども簡単に述べましたが、
フォロースルーを50㎝ほど振り上げてからバックスイング
に入ります。

 

 

意識することはバックスイングのトップ位置を安定させ、
下半身リードでゆっくりとしたスイングを心掛ける。
僕の場合の下半身リードは右足の土踏まずを地面に近づ

けるようにしています。

 

 

練習方法の事例としては・・・

 

スイングトレーナーで10回に素振り

7番アイアンで30回素振り

スイングトレーナーで20回素振り

7番アイアンで30回素振り

 

こんな感じの自宅練習になります。

 

基本のグリップは凹凸付きなのでで正しいグリップが
体得できますし、素振りしているだけで正しいスイング
プレーンが身に付きます。

 

僕も週1~週2の練習場しか行けないので自宅練習
が重要になってくるのですよ!

 

注意点としては、あまり頑張って振り過ぎないように
して下さい。腰痛や背中の筋肉を痛める可能性があります。

 

1日20回~40回で十分だと思います。かなり重いので
20回素振りすれば直ぐに身体は温まりますよ。

 

以前に投稿したワンハンドグリップアイアンと比較すると
100切りゴルファーには圧倒的にこのスイングトレーナー
をお勧めしますね!

 

ワンハンドグリップアイアンは100切りをクリア
して90切りを目指すゴルファー向けかも知れませんね^^?

 

ワンハンドグリップアイアンの関連記事はこちら
↓      ↓
ワンハンドグリップアイアン!片手打ちの注意点とは?

 


Sponsord Link






コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ