アームローテーションのタイミングと仕方は?左手の練習ドリルとは?

ゴルフのスイングには「ボディーターン」や「リストターン」
「アームローテーション」といったものがあります。

 

ボディーターンは「下半身主導の体の回転の仕方」、
アームローテーションは「腕の動かし方」です。

 

「ゴルフで手打ちは絶対にNG」だとか「いや、ゴルフは
まずは手打ちで練習」といった説がありますが、ここで
注意しなければならないのは、ボディーターンしなければ
スイングはできませんし、アームローテーションがなければ
やっぱりスイングできないということです。

 

これは実際にスイングしてボールを打ってみたらすぐに
わかります。ゴルフで安定したスイングをするためには
どちらも必要なのです。

 

問題はどちらをより強く意識したスイングをするのかと
いうことです。

 

ゴルフ初心者はボディーターンを意識しすぎると、アーム
ローテーションが少なくなり、クラブヘッドが遅れて出て
くる傾向があります。特にロフトの長いドライバーショット
では顕著です。結果「スライス」になりやすくなります。

 

アームローテーションがしっかりできると、ヘッドスピードが
上がり、フェースがしっかりと返るのでスライスになる確率は
減ります。ですから、ゴルフを始めるにあたってまずはアーム
ローテーションの練習からという指導が存在するのです。

Sponsord Link


アームローテーションのタイミングと仕方

 

アームローテーションとは「肩と肘を起点にして回転することで
フェースをしっかり返す」ことです。手首を起点にしてフェース
を返す「リストターン」というものもありますが、ヘッドスピード
を上げることができる反面、フェースコントロールが難しいという
リスクがあります。

 

アームローテーションの仕方としては、脇を締めてアドレスして
ください。バックスイングからトップにかけてフェースを大きく
開きます。

 

左手主導でリードし、トップでは左手の甲が真上を向く状態まで
捩じります。肩から肘を固定し、肩を回転させるイメージです。

 


Sponsord Link

 

ここから左手でリードしながらダウンスイング、フェースをスクエア
にしてインパクト、フォロースルーでは右手の甲が真上を向く状態に
なってフィニッシュです。手でこねる感じのスイングになります。

 

注意点としては、肩の回転を止めてしまうとフェースが早く閉じて
しまうのでフックします。逆に肩の回転が速いと腕のローテーション
が鈍くなり、クラブヘッドが遅れて出てきます。フェースがスクエア
な状態でインパクトできる自分なりのタイミングを練習で掴んでください。

 


Sponsord Link

 

アームローテーションの練習ドリル

 

アームローテーションは上半身の使い方になりますので、まずは両足
を閉じて軸を固定してしまったほうが動かし方を習得しやすいでしょう。

 

最初はクラブを持たずに頭を動かさずに腕の動きを何度も確認して
みてください。左手でリードすること、右肩が出ないことがポイント
になります。

 

クラブを持った練習としては、インパクトゾーンで右手が左手を
追い越す感覚を身につけるために、両手を離してグリップするスプリット
ハンドでスイングしてみるのがいいでしょう。

 

クラブヘッドが走るというスイングが実感できます。ただし、手打ち
だと実際にボールを打つとフックしやすくなりますので、真っすぐに
力強い打球を飛ばすためには、やはりボディーターンも併せて必要
になります。

 

アームローテーションでフェースを返す練習には、クラブよりも重い
バットスイングや、先端が重くなっている専用の練習器具が効果的です。

 

クラブヘッドの重みを利用してスイングし、フェースを返すことが
できるようになります。

 

慢性的なスライスに悩んでいる場合は、アームローテーションの
練習は重要です。ボディーターンとアームローテーションがバランス
よくできるスイングをぜひ目指してください。

&nbsp


Sponsord Link






コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ