ハンドファーストの構え方!インパクトと打ち方の練習方は?

今回はハンドファーストとインパクトについて考えて
みたいと思います。

 

アマチュアのほとんどのゴルファーはこのハンドファースト
でのインパクトでボールを捉えていないと言われています。

 

コースでのアイアンショットを見れば一目瞭然です。
プロの選手はタメがあるのでアイアンの入射角
(アタックアングル)が−3度〜−5度のダウンブローで
ボールの先にターフが取れています。

 

これはハンドファーストでしっかりボールを捉えて
いるから出来ることなのです。

 

アマチュアはボールをしっかり捉えてもハンドファースト
でのインンパクトを迎えていないのでロフト角にあった
距離が出なかったりボールの方向性も安定しなく
なってしまいます。

Sponsord Link


ハンドファーストのアドレス(構え方)の重要性

 

ゴルフの場合は、ナイスショットになるのか、
ミスショットになるのかは、「アドレス」で決まる
といわれています。

 

スコアが安定しないのであれば「グリップ」や
「アドレス」がまだしっかりと身についていない
可能性があります。

 

アドレスの際に一番重要視されるのが「ハンドファースト」
の構えになっているかどうかです。

 

 

ゴルフを始めた初心者がまず指導される内容であり、
中級者や上級者でも、スランプに陥ったときには、
ハンドファーストになっているのかどうか確認した
りもします。

 

なぜハンドファーストがこうも大事なのかというと、
ゴルフのクラブはハンドファーストでスイングすると
真っすぐに飛ぶように作られているからです。

 

ハンドファーストのアドレスのポイント

 

ボールに対してアドレスした際に、グリップの位置が
ボールよりも左にくるようにしてください。

 

グリップを握った左手は左太ももの内側、グリップ
エンドが足の付け根、そして右手は股関のあたりに
くるイメージです。

 

練習法としては、このアドレスから手首のコックを
つかわずにハーフスイングで構わないので、下半身の
回転でスイングすることを意識してみてください。
インパクトの際にはロフトがしっかりと立っている
はずです。

 

これがアイアンだけでなくドライバーでも自然とできる
ようになると、スコアは各段に上がります。飛距離、
方向性が大幅に改善できるからです。

 

では、ハンドファーストメリットとハンドファースト
になりすぎている場合のミスショットついてですが、
手より遅れてクラブヘッドがボールにインパクトする
ことになります。

 

その分だけボールをしっかりと見る時間ができるのです。
ターゲットのことばかりを考えてスイングしていると、
インパクトの瞬間までボールを見続けることができず、
ヘッドアップの状態になってしまいがちです。


Sponsord Link

最後までボールを見続けることで軸がぶれないスイング
も実現できます。

 

ハンドファーストなのにシャンクして右に飛ぶのはクラブ
のネック付近でインパクトしている可能性が高いです。

 

これもヘッドアップをせずに最後までボールを見ることで
防ぐことができます。

 

また、極端にハンドファーストを意識してアドレスを
すると、振り遅れてスライスになる不安が生じ、結果
としてフェースを閉じることになり、大きく左にひっか
けるような当たりになります。

 

しっかりとしたハンドファーストのアドレストとインパクト
ができているのであれば、ボールは強く正確に飛びますので、
左にひっかけている場合はアドレスから修正が必要です。

 

ハンドファーストのインパクトのポイント

 

ボールを飛ばそう、ヘッドスピードを高めようとすると
インパクトの際に余分な力が加わり、左手の手首が甲側に
折れるケースがゴルフ初心者にはよく見られます。

 

これはハンドファーストの真逆で、ハンドレイトのインパクト
です。強い弾道にならないので飛距離が落ちます。

 

ハンドファーストのインパクトは左手が真っすぐになって
いる状態です。手打ちではなく、ハンドファーストの
アドレスからバックスイング、ダウンスイングまで
軸をぶらさず、腰の回転でスイングできると、正しい
ハンドファーストのインパクトになります。
左腰を回し、右足はつま先で回転しましょう。

 

これは自分ではできているつもりでも、実はまったくできて
いない場合があります。練習場などでボールを打つときには
動画撮影などをしてみると自分でも確認しやすいですね。

 

そして少しずつ修正してハンドファーストの打ち方に近づけ
ていってください。これも効果的な練習法の一つになります。

 

ゴルフは最初が肝心です。変な癖がついてそれが習慣化して
しまうと修正が困難になっていきます。

 

ゴルフ初心者はまずしっかりハドファーストのアドレス、
インパクトになるように意識して練習をしてみてください。

&nbsp


Sponsord Link






コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ