ベタ足打法のスイング練習法は?インパクトでの右膝の使い方は?

韓国の選手に多く見られるベタ足打法について
今回は述べてみたいと思います。

 

ゴルフのグリップの握り方には数々の種類があります。
他にもアドレスやスイングの方法は人それぞれです。
より自分の体力やスイングスピードになったスタイルが
重要になります。

 

今回は近年注目を集めている「ベタ足打法」と呼ばれる
スイングをご紹介します。

 

「イ・ボミ」選手や「アン・ソンジュ」選手など韓国出身
のプロゴルファーの多くがベタ足打法です。

 


Sponsord Link

 

ベタ足打法というのは、簡単にいうと「右足のかかとを上げる
のを極力我慢する」スイングになります。

 

短いアプローチショットなどでは日本人でもよく使用する
ケースがありますが、韓国の選手はドライバーショットにも
使用しています。韓国のプロゴルファーが安定して強いのは
そのためだという説もあるほどです。

 

Sponsord Link


 

あくまでも体の回転でスイングするのは変わらない

 

ベタ足打法の最大のメリットは、「体重移動が少ない分だけ
軸がぶれず、ボールの飛ぶ方向性が安定する」ということです。
ミート率が上がり、曲がりにくくなります。

 

ただし、そう簡単にできるスイングではありません。ゴルフの
スイングのポイントは、どんな距離であっても体の回転を使う
ことです。手打ちになったらミスショットになる可能性が高まります。

 

ベタ足打法は右足のかかとが上がることをインパクト後までが
我慢することになるので、手打ちになりやすいのです。

 

つまり例えベタ足打法であっても「体の回転でスイングすること」
は同じです。フォロースイングでは当然のように左足体重になって
おり、右足のかかとも上がっていきます。

 

ベタ足打法は、インパクトの瞬間まで右足のかかとを上げないよう
にすることで、「上体が開きにくい」スイングができます。

 


Sponsord Link

 

両足を大きく開いてベタ足打法のスイング練習

 

ベタ足打法の練習をする際には、まずはいつもよりも大きく
スタンスしてアドレスしましょう。

 

ハーフスイングから練習していくと感じはつかみやすいです。
右足のかかとを上げないという意識ではなく、両膝の間隔を
保つことを意識します。そして右膝を前に出さないようにして
ダウンスイングからインパクトを迎えましょう。

 

特に右膝がスイング中に左足に寄るようになり、右足
の土踏まずを地面に付けるような意識が大切です。

 

決して右膝が身体の前側に出るようにならないように
しましょう!

 

アイアンであればベタ足でも比較的スイングはしやすいですが、
ドライバーのような重く長いクラブになるとベタ足でフル
スイングするのはかなりの練習が必要です。

 

下半身の動きを止めて上半身だけで打ちにいこうとすると
手打ちになるか、バランスを崩すかになりがちです。

 

ですから、特にドライバーのスイングは左腰をしっかりと回転
させましょう。あくまでも体の回転でスイングします。

 

フィニッシュでは右膝は伸びきった状態です。体重移動は必要
最小限ではありますが、インパクト後は左足体重に完全にシフト
していることになります。

 

体幹と柔軟性が必要

 

ベタ足打法が万能のスイングというわけではありません。そうで
あれば世界中のゴルファーがそれを採り入れています。

 

私たちのような一般のアマチュアゴルファーは特に、これまでの
スイングからベタ足打法に変えると、方向性はある程度改善される
かもしれませんが、ドライバーの飛距離は落ちる傾向にあります。
いつものような下半身主導のスイングができなくなるからです。

 

アン・ソンジュ選手やイ・ボミ選手があれだけのドライバーの
飛距離を出せるのは、体幹をがっちと鍛え、強い下半身と柔軟性
をもっているからです。
特にイ・ボミ選手はバックスイングからトップにかけてかなり体を
捻っています。

 

 

日本人のプロ野球選手でも右足体重でスイングし、逆方向に長打
を打つホームランバッターがいますが、これも強靱な下半身の
なせる技です。

 

スイングするとどうしてもスウェーしやすく、それで悩んでいる
プレーヤーにとっては、ベタ足打法はオススメです。ミート率が
上がり、方向性が改善される分だけスコアは良くなるはずです。


Sponsord Link






コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ