長いインパクトゾーンの作り方と自宅でできる練習方法とは

今回はインパクトゾーンについて少し掘り下げて
語ってみたいと思います・

 

プロゴルファーとアマチュアゴルファーを比較すると
「インパクトゾーンの長さ」がまったく違います。
当然ながらプロゴルファーの方がインパクトゾーン
は長いので球筋は安定する訳です。

 

インパクトゾーンとは、スイングのフェースローテーション
の中で「クラブフェースがボールに対してスクエアになって
いる状態」です。

 

アマチュアゴルファーは、フェースローテーションの中で、
クラブフェースがスクエアになっている状態がインパクトの
一瞬になっており、「点」で打っています。

 

それに対してプロゴルファーは、ボールの手前のダウンスイング
からスクエアになり、フォロースルーでもスクエアの状態が続く
ので、「線」で打つことができます。

 

こうすることでダフリやトップが減り、方向性も安定するのです。
ミスショットが確実に減ります。

Sponsord Link


ヘッドアップは絶対にNG

 

といわれてもゴルフ初心者にはよくわからない話ではないでしょうか。

 

まずは、これをやっているうちはインパクトゾーンが長くはなら
ないというところからお伝えします。

 

それが「ヘッドアップ」です。スイングの最中に早く顔が上がって
しまうことをいいます。

 

極端な話をすると、ヘッドアップをしている間は、インパクトの
瞬間にフェースがスクエアになっているかどうかも怪しいです。

 

インパクトの瞬間にはもう顔が上がっていますので、フォロースルー
ではクラブフェースがすぐに閉じた状態になっていることでしょう。

 

もちろんこれでもナイスショットになることはあります。しかし
インパクトの再現性が低いために、安定してナイスショットを
打つことは難しいのです。

 

ミスショットも多々出てきます。スコアで100はきれても、
90はきれないのではないでしょうか。

 

「インパクト後もボールのあった位置を見続ける」くらいの
意識が必要です。

 


Sponsord Link

左の壁と下半身主導のスイング

 

ヘッドスピードを速くしようとし、手首を使いすぎても
インパクトゾーンは短くなります。

 

ヘッドだけを動かそうとすると、必ずクラブフェースの変動
が大きくなるからです。

 

ですからインパクトゾーンを長くするポイントは、「体全体で
スイングする」ということです。

 

これはゴルフのスイングの基本になります。手だけでスイング
するのではなく、「体の回転」でスイングするのです。

 

そのためには下半身がしっかりと動いていなければなりません。

 

よくゴルフのスイングは「左に壁を作るイメージで」といいますが、
イメージが難しいですよね。

 

これは上半身の動きを極力少なく意識し、ヘッドアップせずに
左腰をきって、右足のつま先で回転すれば、自然と左に壁ができます。

 


Sponsord Link

 

自宅で簡単にできる練習方法

 

体の回転でスイングする練習は自宅でもできます。この場合、
「クラブは持たず、腕はまったく使わないスイング」を繰り返して
みましょう。左手は右肩へ、右手は左肩につけて、両手を胸の前に
クロスした状態でアドレスします。

 

あとは通常通りにテイクバックし、少しためを作ってから
ダウンスイング、フォロースイングです。

 

常にヘッドアップしないように心がけてください。右足のつま先で
回転していることも確認します。

 

左の壁が作れていれば右足の太ももが左の軸足にくっつくような
状態になるはずです。

 

クラブはもっていませんが、イメージとしてはボールの2個分
手前からボール2個分先まではクラブフェースがスクエアになって
いる状態です。ボールの先のターフを取るくらいの気持ちで
スイングします。

 

フローリングの床にラインがあると好都合です。ボールに対して
スクエアにアドレスし、スクエアにインパクトするいい目安に
なります。

 

真剣に集中してやると、慣れない間は10回で息切れをおこします。
いかにこれまで手先だけを使った楽なスイングをしていたのかを
思い知らされますよ。

 

毎日30回繰り返し行っていけば、下半身主導の体の回転でスイング
する感覚がわかってきます。こうすることで自然とインパクトゾーンは
長くなっていきます。


Sponsord Link






コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ