リャオ・レンレイの球種や実力は?過去の成績も!年棒が凄い!

リャオ・レンレイ

先日行われたプロ野球ドラフト会議で巨人が
7位で指名した、台湾出身のリャオ・レンレイ選手。

 

“巨人の隠し球”だと言われているリャオ・レンレイ
選手は、身長が201cm、体重が125kgという
迫力ある体格の持ち主なんです!

 

プロ野球選手の平均身長、体重を大幅に超えていて、
体格だけで言えばメジャー級ですよね。

 

いや、メジャーでもなかなか見かけないかもしれ
ません! やはり、体格の良さや技術に関しても
メジャーからマークされているほどです。

 

23歳という若さも魅力ですし、将来がかなり期待
できる選手の1人だと思います。 というわけで今回は、
リャオ・レンレイ選手にスポットを当ててみたいと
思います。

Sponsord Link


リャオ・レンレイの球種や実力は?

 

リャオ・レンレイ


Sponsord Link

 

リャオ・レンレイ選手の球種はストレート、スライダー、
カーブ、フォーク、チェンジアップで、決め球は長身から
繰り出されるストレートです。

 

ちなみにリャオ・レンレイ選手の最高球速は154キロ
です。身長がある分、もっとトレーニングを積んで
ストレートを磨けばもっと球速を伸ばすことが出来る
と思います。

 

日本人最速は日ハムの大谷翔平選手でMAX165km/h
ですが、それに近い数字は出せるかと。 実力の面で
言うと、コントロールに関してはイマイチみたいですね^^;

 

投手として素質があるのは確かなので、制球の悪さは
これから克服していけばいいと思います。

 

巨人の監督、高橋由伸監督も今後の伸びしろを考えて
リャオ・レンレイ選手を指名したのではないでしょうか^^

 

過去の成績も! リャオ・レンレイ選手、実は過去に
メジャーのマイナーリーグでプレーしていた時期が
あるんです。

 

パイレーツに所属していたそうですね!こんな経歴が
あったとは思いませんでした^^;

 

さらに大学時代は台湾のアマチュア選手として活躍し、
国際大会などでチームを優勝に導くほどの選手だった
とか。台湾リーグでは二刀流だったみたいですよ!

 

しかし、問題なのはやはりコントロールの悪さ…。
ルーキー時代は、27試合中2勝3敗5セーブ、
防御率は4.45。

 

決して良い成績とは言えないですよねm(_ _)m
今回のドラフトを機に巨人でプレーすることに
なるのは濃厚です。

 

マイナーリーグや台湾での経験は他の選手には
ない大きな強みだと思うので、自信を持って
マウンドに立ってほしいですね。

 

一軍で観れる日はまだまだ先かもしれませんが、
いつか先発ローテーションに入れることを願います!


Sponsord Link

リャオ・レンレイの年棒が凄い!

 

リャオ・レンレイ選手の年俸について
調べていきましょう。 プロ野球界では12球団の間
で新人の年俸について約束事があります。

 

契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500
万円と。ただ、一律この年俸というわけではあり
ません。

 

実際にこの金額以上の年俸を提示された選手も過去
にいるので。それに、汚い話ですが裏金があります。

 

噂だと、年俸以上の金額で取引している選手もいた
とか。あくまでも平等にする為に各球団で線引きを
しているだけということですね!

 

リャオ・レンレイ選手に関しては恐らく上記の年俸
に当てはまるでしょう。

 

ドラフト7位という数字を見ても、妥当かなと。
プロ入りしてからの成績次第で年俸は跳ね上がり
ますし、どんどん稼いでいってほしいと思います(笑)

 

まとめ

 

リャオ・レンレイ選手を始め、今年のドラフト組は
いい投手がたくさんいますね^^

 

何年後かに、“2016年ドラフト組は黄金世代”
なんて言われるよう、ライバル同士切磋琢磨して
ステップアップしていけたらいいですね。
みなさんで応援していきましょう!!


Sponsord Link






芸能人の失敗?成功?整形まとめ!やっちゃいましたね。。。

↓    ↓    ↓



コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ